FC2ブログ

Ruby on RailsでWebサイト公開!に挑戦中

レンタルサーバーでWebサイトを公開すべく、Ruby on Railaの勉強をする日々を語ります。

2013年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

不動産大家向け収支情報表示機能の作成(3)モデルの属性の型を変更

物件のモデルを以前作成しましたが、物件を所有しているオーナーの情報をstring型(オーナーの名前)にしていましたが、オーナー番号にすべきでしたので修正します。

≫ Read More

スポンサーサイト



| 自作アプリ | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不動産大家向け収支情報表示機能の作成(2)モデルのアソシエーションを定義

前回各モデルのマイグレーションファイルを作成しましたので、アソシエーションの定義を追加し、モデルを作成します。

≫ Read More

| 自作アプリ | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不動産大家向け収支情報表示機能の作成(1)モデルを作成

テーブル、アソシエーションについての仕様を決めましたのでモデルを作成します。

≫ Read More

| 自作アプリ | 10:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不動産大家向け収支情報表示機能の検討(3)アソシエーション

前回テーブルの構成を検討しました。モデルを定義する際にアソシエーションを定義するのでテーブル間のアソシエーションについて検討しました。

≫ Read More

| 自作アプリ | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不動産大家向け収支情報表示機能の検討(2)テーブルの構成

前回ビューの構成を検討しましたので今回はテーブルの構成を検討します。

≫ Read More

| 自作アプリ | 08:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不動産大家向け収支情報表示機能の検討(1)ビューの構成

小規模のWebサイトを一人で作れるようになるための勉強として不動産会社のサイトを練習がてら作ってみる事にしました。

≫ Read More

| 自作アプリ | 07:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境でアコーディオンを設定

AngularJSの機能を使ってアコーディオンを設定してみました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境でタブを使用

angular-ui-bootstrapのtabを設定してみました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境でポップオーバーを使用

以前設定してツールチップと似た動作ですがポップオーバーについて設定方法を確認しました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境で前後のページへのリンクを設定

前回行ったページネーションと似ていますが今回は前後のページへのリンクを設定します。ページネーションとほとんど同じ設定になります。

≫ Read More

| ブートストラップ | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境でページネーションの設定(3)

前回、1000個のデータ、1ページ当り10個のデータで100ページ分のページボタンを表示しました。今回は、表示するページボタンの数を5個だけにして、"前へ"と"次へ"ボタンで表示するページをスライドさせるようにしてみます。

≫ Read More

| ブートストラップ | 08:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境でページネーションの設定(2)

実際に多数のデータを用意し、ページボタン押下で表示が切り替るか確認しました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境でページネーションの設定(1)

AngularJS-ui-bootstrapの機能を使ってページネーションの一番基本的な設定方法を確認しました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 10:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境でモーダルを作成

AngularJS-ui-bootstrapの機能を使ってモーダルの作成方法を確認しました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境でドロップダウンメニューを作成

AngularJS-ui-bootstrapの機能を使ってナビゲーションメニューにドロップダウンメニューを作成します。

≫ Read More

| ブートストラップ | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブートストラップのナビゲーションメニューをAngularJSの機能を使って書換え

前回、AngularJS-ui-bootstrapでの折り畳み(Collapse)の使用方法を確認したので、ブートスラップサンプルページのナビゲーションメニューをAngularJSを使って書き換えてみました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境で折り畳み(Collapse)を使用

ブートストラップではなくAngularJSの機能を使って折り畳み(Collapse)使用してみました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 09:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

angular-ui-bootstrap-railsの環境でツールチップを使用

ブートストラップのツールチップがうまく動作しなかったのでangular-ui-bootstrapのツールチップを設定してみました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AngularJSを導入するとブートストラップのツールチップが使えない?

前回、Ruby on Rails環境でJavaScriptのフレームワークAngularJSを導入するため、angular-ui-bootstrap-railsをインストールしました。この環境にブートストラップのツールチップを設定してみました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 12:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Ruby on RailsにブートストラップとAngularJSを使用

Ruby on Rails環境でJavaScriptのフレームワークAngularJSを導入しようと思ったのですが、すでに導入中のCSSフレームワークブートストラップでもJavaScriptを使用していて一緒に使用して問題ないのかと調べてみました。すると対応しているコンポーネントhttp://angular-ui.github.io/bootstrap/があったので導入してみました。

≫ Read More

| 自作アプリ | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

"require_tree ."の設定でJavaScriptが動作しなくなる

以前、ブートストラップのサンプル"offcanvas"用のJavaScriptの設定をして動作確認したのですが、その後JavaScriptのグラブ作成ツールのjqplotを導入したら一部のページでoffcanvasのJavaScriptが動作しなくなってしまいました。

≫ Read More

| ブートストラップ | 06:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |