FC2ブログ

Ruby on RailsでWebサイト公開!に挑戦中

レンタルサーバーでWebサイトを公開すべく、Ruby on Railaの勉強をする日々を語ります。

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

AngularJSとBootstrapを使ってドロップダウンを作成

AngularJSとBootstrap3を使ってドロップダウンを作成してみました。

≫ Read More

スポンサーサイト



| AngularJS | 08:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AngularJSとBootstrapを使ってCollapseを作成

AngularJSとBootstrap3を使ってCollapseを作成してみました。

≫ Read More

| AngularJS | 08:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AngularJSとBootstrapを使ってCarouselを作成

AngularJSとBootstrap3を使ってCarouselを作成してみました。

≫ Read More

| AngularJS | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AngularJSとBootstrapを使ってAccordionを作成

AngularJSをBootstrap3を使ってAccordionを作成してみました。

≫ Read More

| AngularJS | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MySQLで外部結合

以前、二つのSelect文の結果を結合し、共通部分を抽出するSQLの記述方法を確認し、Googleチャートのグラフを作成しました。こうすると片方の表にのみ存在するデータは表示できず、すかすかのグラフになる場合がありました。そこで片方の表にのみ存在するデータも表示するように変更しました。

≫ Read More

| MySQL、データベース関連 | 09:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェックボックスの入力値に応じて一つのグラフ表示、二つのグラフ表示を場合わけ

前回、グラフ表示用のデータを取得するコントローラ側の処理を作成したので今回はAngularJSスクリプトでGoogleチャートのグラフを作成します。

≫ Read More

| Google Charts | 07:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェックボックスの入力値に応じてコントローラ内で実行するSQLを場合分け

前回、二つのグラフを出力する場合に使用するSQLの記述方法を確認しましたので、実際にRailsのコントローラ内の処理を記述しました。

≫ Read More

| Google Charts | 07:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

二つのSelect文の結果を結合し、共通部分を抽出するSQL

Googleチャートで一部の条件のみ変えた二つのグラフを重ねて表示するコードを作成中です。今回は、二つのSelect文の結果を結合し、共通部分を抽出するSQLの記述方法を確認しました。

≫ Read More

| MySQL、データベース関連 | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェックボックスとAngularJSのng-ifを使って表示・非表示を切り替える

前回作成した2つ目のグラフ表示用の条件入力用のフォームは、一つのグラフのみ表示したい場合は不要なので、2つのグラフを表示したい場合のみチェックボックスにチェックを入れて表示するように変更しました。

≫ Read More

| Google Charts | 09:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AngularJSの$watchとng-ifを使って表示・非表示を切り替える

前回までで条件を入力してGoogleチャートで作図できるようになりました。今回から、ある一つの条件を変化させたグラフを重ねて表示し、二つのグラフを比較できる機能を追加しようと思います。

≫ Read More

| Google Charts | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

having句でNOT IN句を使って不要なデータを除去

以前、having句を使って件数の少ない不要データを除去するように修整しました。これだと検索条件によっては正常なデータも除去してしまう恐れがあり、修整しました。

≫ Read More

| MySQL、データベース関連 | 08:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MySQLで正規表現を使って条件指定

引き続きラジオボタンを入力された条件を使ってコントローラ側のSQLを作成し、グラフを作成しています。MySQLで正規表現を使ってSQLの条件を指定する箇所があったので備忘として残しました。

≫ Read More

| MySQL、データベース関連 | 08:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラジオボタンの入力値を条件としてRailsコントローラでSQL実行

ラジオボタンを追加して新たな条件を追加しましたので、コントローラ側の処理を作成しました。

≫ Read More

▲ Close

| Google Charts | 07:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Bootstrap3とAngularJSを使ってラジオボタンを作成

さらに別のパラメータをSQLのクエリーに指定出来るようにするためBootstrap3とAngularJSを使ってラジオボタンを追加しました。

≫ Read More

| Google Charts | 09:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Selectボックスの入力値を条件としてRailsコントローラでSQL実行

Selectボックスに新たな条件を追加しましたので、コントローラ側の処理を作成しました。

≫ Read More

| Google Charts | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AngularJSでSelectボックス作成、初期値と$watchによるチェック設定

さらに別のパラメータをSQLのクエリーに指定出来るようにするためAngularJSを使ってSelectボックスを作成しました。

≫ Read More

| Google Charts | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

having句で不要なデータを除去

前回までに検索条件の範囲を指定しないオプションを指定出来るように修整していましたが、その結果、テスト的に実施していた不要なデータもグラフに表示されるようになってしまいました。having句を使って不要データを除去するように修整しました。

≫ Read More

| Google Charts | 09:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Selectボックスでデータベースの検索条件を指定しないオプション値追加

Selectボックスで調べたい駅を指定するようにしていましたが、特定の駅を指定せず、全駅の結果を表示出来るように修整しました。

≫ Read More

| Google Charts | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |